2019年1月16日水曜日

音楽家、陸上選手からの上達のヒント 「ずれ」の矯正

こんにちは。

今日もたまたま見つけたあるウェブページのシェアです。

上達するのに、”努力と根性で頑張る” というのは最低限の事です。厳しい言い方をするとこれは ”当たり前の事” 。
しかし、単に頑張るだけではなかなか前へ進めなくなることが多々出てきます。
これらの壁にぶち当たるとスランプに陥るわけですね。
このスランプをどう乗り越えるか?という事の為のヒントになるかもしれません。
また、このヒントで上達するスピードも変わることでしょう。

以下がその記事のリンクです。

最速で上達するためにスポーツや歌をたくさん練習するよりも前にやっておくべきこと


いかがでしょうか?

馬に乗る上で共通することがたくさんあると思います。

まず 身体的な”ずれ”の話は、乗馬の場合人間の事だけではなく馬の体の”歪み”もその視野に入れなければいけません。ですので他のスポーツよりも複雑になるでしょう。
初心者の内に出来るだけ自身の体のずれを認識できれば、より積み重ねがスムーズになるように思います。これはスポーツすべてに共通することで、自身の体を認識することが大切です。

また、ずれたままを永遠引きずり、それでも多少の進歩があることを、

”根性で反復練習してしまう原因になっています。しかし、これでは他のことをやったらまた下手になってしまうのです。”

という風に言っています。
馬の場合、それは顕著に出てきます。この馬では出来るのにあの馬では出来ない、といった事ですね。馬を変えると自分の技量が通用しなくなるパターンです。
腕の良い乗り手ほど、様々なタイプの馬に対応できるでしょう。

「無駄な練習」の事を最後に言っていますが、これはこの無駄な練習をある時期闇雲にやり、成果につながらない事からこの人が後から振り返ってそう感じると分析した事です。ですので、ある意味必要な時期ではあるかと思いますが、その期間があまりにも長い場合、「考える」ことをしなければいけません。

この記事では彼らの経験から”ずれ”という一つの答えを教えてくれています。
これは、個人個人が感覚的にそのことを認識出来なくてはいけませんね。

この記事から私が感じたことは、
”体のずれ” よりも ”考え方のずれ” を矯正する方がさらに速いという事。
つまり体のずれを自身で気づける脳が必要であるという事です。
武井さんが気づくことを自分で気づけるようになればいいわけです。

脳はすべてをコントロールします。

”考え方”はその人の馬の乗り方に現れてくるものです。ですので

 Aさんは真剣に乗馬のスキルを上げようとしている。

 Bさんはテキトーに馬に乗って遊んでいる。

 Cさんは自分の健康のために馬に乗っている。全く馬を見ていない。

といった事が、見ている方に伝わってくるものです。


これらの例はおおざっぱな例ですが、真剣に腕を上げようとしている人の中でも様々な種類の考え方がその乗り方に出てきます。

目の付け所、注目するべき事が ”ずれていないか” という事問われるのではないでしょうか?




EY Equestrianオンラインスタディ&コーチング
https://erinayamabe.wixsite.com/mysite-1




2019年1月13日日曜日

孔子の教え

中国の偉大な人物、孔子。
ご存知ない方はいないと思います。「論語」の言葉、”子曰く、、、”の子に当たる人。
日本人は大半の人が知っていますね。西洋でももちろん孔子、論語の研究は有り、孔子の事を Confucius と言います。知っている人は知っています。

さて、この孔子という人、馬の扱いが大変優れていたと伝えられています。
馬だけではなく彼は動物すべてを大切にしました。動物の扱い方が現代でもあまり感心されない中国において、何千年も昔の時代においてです。

西洋の著名人の有名な言葉に(誰だったかは忘れてしまいましたが)

 ”その国が進んでいるのか遅れているのかは、国民の動物の扱い方を見れば分かる”

と言った人もいました。


さて、そんな孔子の言葉を綴ったのが「論語」です。
論語では優れた人の事を ”君子” と呼び、 大したことのない人の事を ”小人” と呼びます。

その中にこのような有名な言葉があります。

”君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず”

意味は
君子は人と調和し、仲の良い状態を保てるが、何にでも賛成はしない。
小人は何にでも賛成するが、人と調和はしない。

もっとかみ砕くと
学徳ともにそなわった君子と言われる人物は、人達とやわらぎ親しむが、 付和雷同(自分にしっかりした意見がなく、軽々しく他人の意見に同調)することはない。
小人は、私心私欲があるために、利を見ては雷同しやすく、条理に従って和合するとい うことがない。徒党を組む。


なんでこんなことを急に取り上げたかというと、随分前に日本で遭遇したある光景を思い出したからです。

その光景とは、

あるクラブで一人の会員Aさんが自分の馬を購入したのですが、なかなか手に負えず苦戦していました。毎日のように振り落とされたりしていたわけです。

その様子を他の会員さんたち4~5人がのんびりとお茶を飲みながら見て、

”なんであんな馬買ったんだろう?お金もかかるし、おとなしい会有馬で練習すれば安くて安全でいいのにね~!” とワイワイガヤガヤ皆同調していました。

数日後私はある馬に乗る上のアドバイスをそのワイワイガヤガヤやっていた中の一人にしました。彼女は ”あ~、そうですか。” と普通に聞いていました。
たまたま全く同じアドバイスをそのAさんにすることになったのですが、Aさんからの返事は、 ”あ~っ!そうなんですね!イイことを聞いた!有難うございます。” という感じだったんですね。
全く受け取り方が違いました。

つまり何が言いたいのか?

Aさんは周囲の人と同調することなく、自己投資して馬を手に入れ自分でどうするのか思い悩み、人の数倍時間を取り、さらに毎回落馬というダメージを受けながら前へ進もうとしていました。彼にとってこのアドバイスはたいへんありがたいものだったわけです。
一方お茶を飲みながらワイワイガヤガヤやっていた人は、いつもおとなしいスクールホースでインストラクターに手取り足取りされながらAさんの様な苦労をせず優雅に乗馬を楽しもうとしていたわけです。同じアドバイスにもあまりありがたみや感動が無いわけです。

この二人の主体性は全く違うものです。
すぐに同調して深い議論は出来ない、というのは常日頃あまり考えることなく自身の意見や悩みをそれほど持っていない状態。そもそも考えたく、あるいは悩みたくないからでしょう。
さて一年後のこの二人、お察しの通り腕のあげ方、理解の仕方が全く違うものになってしまいました。
上達するかしないかは先生次第ではなく、最終的には本人次第であるという事です。



さて、皆さんはどちらのタイプなのでしょうか?


EY Equestrianオンラインスタディ&コーチング
 https://erinayamabe.wixsite.com/mysite-1









2019年1月12日土曜日

進歩の条件

前回の記事、”オリンピックメダリストからの苦言” ですが、FBで多くの方がシェアしてくれたようです。有難うございました。

アクセス数が普段の10倍以上! びっくりしました!

多くの方から共感の声があったわけですが、ではあのメッセージから実際自分に何が出来るのか?という事を具体的に考えたり、何か行動を起こしたりする人がいるのかどうか?

”心構えを持つ” というのは一つの入り口で、あのメッセージをいつまでも思い起こせるようにすれば馬の扱い方など気配りが出来てくるかもしれません。
馬を自身の楽しみの為、あるいはスポーツの為の道具と見るのではなく、楽しむ相棒であり、スポーツ競技会においても一緒に勝負を戦ってくれる相棒という感覚になっていくと思います。


馬が一番ありがたく感じるであろう事は、乗り手が上手くフィーリングをもって乗る事が出来る事。


 乗り手がその馬を理解し乗る事が出来るか?

 毎回乗るたびにその理解度が上がっているのか?

 技術的に進歩しているのか?


これらを自問自答し、少しでも理解度の向上、進歩を感じる事が出来ればその日は大きな成果を上げたことになります。

この部分は自分の中での感触が最も正確に答えをくれるものです。”先生に褒められた”からではありません。偶然できたというパターンが有るからです。その偶然をキャッチするのが自分の中での感触です。ここの部分が敏感な人は先生に褒められる前にすでに自分の中で納得しているわけですね。


では、その探し求めている感触とは一体どのようなものなのでしょうか?

子供や若いライダーであれば、ちょっとしたチャレンジが出来るかもしれません。そのチャレンジから馬が様々な事を感覚的に教えてくれます。しかし、欧米の環境と日本での環境を比べると彼らが得られる鞍数、経験量は微々たるものです。
中年以上の人にこのチャレンジは少々リスキーですね。
さて、この部分をどうクリアーするか?

方法論として、
一つは 今の自分のレベルに適切な馬を用意することで馬から教わることです。
二つ目は,出来る限りの鞍数を積むこと。これは最低限の努力です。
三つ目は、もし自分の体が少しどんくさいと感じるのであれば馬に乗る以外にも体をフィットさせる努力。
四つ目は、学習です。


一つ目と二つ目は時間的に、あるいは経済的にやりたくても制限がかかる人が多いかと思います。
しかし、三つ目と四つ目はやる気さえあれば出来る事!!

少し体が重たいと感じるのであればジョギングするとか、体が硬いと感じるのであればちょっとしたストレッチ体操やヨガ運動をやってみるといった事です。

最後の学習ですが、非常に重要であるにもかかわらず大半の人々がおろそかにしている事!
セオリーにはすべて馬の構造学上の根拠があります。これらの知識はたとえ初心者にでも学習することが出来ます。逆に初心者ほど知るべき事。
これらは、レッスンなどで教えられることの理由を全て説明しています。

日本ではこれらの解説をする書籍や資料、あるいは雑誌などのアーティクルがあまりありません。欧米にはあふれる様にあるのですが、、、。
欧米ではプロであれアマチュアであれ、役に立ちそうな資料や記事、あるいは自分にはなかった知識を得るために、個人個人が豊富にある馬術雑誌、書籍などから情報を得ているわけです。
これらの情報や資料から知識を得ることは非常に役立つだけではなく、方向性や乗馬、馬術のとらえ方までもその根幹に気づかせてくれます。
これらを知ることで馬に乗る楽しみがより大きくなるはずです。

今日のこの記事は日本の皆さんを 学べる環境へお誘いするための記事です。

EY Equestrianオンラインスタディ&コーチングは欧米の豊富な資料や解説書などをピックアップし、日本語要約、プラス 参考映像付きでお届けしています。
しかもケーススタディで皆様の知りたいこと、行き詰まっている事などに関するコンテンツを上げています。

プロでも知らない人、あるいは説明できない人がいるような内容です。
必ず役に立ちます!!

皆様のご参加お待ちしています。

EY Equestrianオンラインスタディ&コーチング





2019年1月9日水曜日

オリンピックメダリストからの苦言

こんにちは。

今日はジャンピング、シドニーオリンピックメダリスト、オランダのアルバート・ボーン氏のあるインタビューでの話をシェアしたいと思います。

彼は一流選手であり、優秀なトレーナーとして世界中の人々から尊敬されていますが、少々独特な人柄でもあります。ですので時には周囲から少し距離を置かれてしまうところもあるのですが、一流のホースマンです! 少し完璧主義者で几帳面な事で知られています。
近年、馬術というスポーツは国境を越えて非常に華やかになってきました。非常に良い事ではあるのですが、その反面結果として今ある現状を見た時に彼のいう事はもっともであると言えるでしょう。インタビューの彼の表情から、”怒り”といったものも垣間見ることが出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近は、特に若い女の子のライダー達の精神状態が常に”怒り”に満ちているのをよく目にします。彼らに聞いてみたい。あなた方はジャンピングの競技者でいることが好きですか?あなたのパートナーである馬はあなたの友ですか?と。
若いライダーが勝ち負けにハングリーであることは理解できます。私もかつてそうでした。しかし自分が一体何をしているのか理解せずにすべて馬のせいにしているのを見ると非常に残念であると感じます。

各国のフェデレーション(馬術連盟)は何らかのルールを設定するべきです。
このスポーツはすべてお金次第です。
若い子供たちに競技へ出場させていくにはそれの為の馬を購入したり出場料などがかかってくるわけです。
忘れてはならない事は我々はこのスポーツを楽しむために馬という動物を使っている事です。人々はこのことをすぐに忘れてしまう。

最低限の技術的な原則というものは身につけなければいけません。
右へ左へ馬を回転させたり、速く走ったり減速したり、最低限の事です。
ろくにちゃんとした円運動も出来ないのに、とりあえず障害を飛びたがるのはいけない。
この部分にはルールを定めるべきです。馬術連盟などもこういうルールは儲からないので今まで放任しています。

我々トレーナーの立場の人々も同様です。
我々は顧客をトレーニングすることで食べています。顧客を喜ばす必要があるわけです。
お金を持った顧客はトレーナーに対する尊敬といったものは有りません。彼らが尋ねるのは”何をするべきか?”ではなく”何をしたいか?”をいう訳です。
これは世界中どこでも同じです。ろくに座れていない人が障害を飛びたいといい出すわけです。これらは認められるべき事ではありません。
馬術連盟は規制を設けるべきです。連盟もお金の事しか考えていない!
全てはお金の事であり、皆何が論理的であり、ルールであるかといった事に目を向けなくなっているのです。
ここで犠牲になるのは ”馬” のみ。
気が狂いそうな思いです。

多くの人はちゃんとした学習をしたがりません。早く勝てることにしか興味がないわけです。
ヤングライダー選手権やジュニア選手権などを見れば、親は勝ち負けに熱くなり、子供たちはミスを犯すことが許されません。狂っています。
非常にナンセンスな事です。若いライダーたちは彼らの馬と一緒に少しずつ学習していくのです。
親とトレーナーが子供たちと彼らの馬達に早すぎるパフォーマンスを強要しているわけです。
馬術というスポーツはたとえ乗り手が馬術を全く理解していなくても時にそのクラスに勝ってしまう事が出来るスポーツです。馬が乗り手の強要、酷使を受け入れる限り、全くのアマチュア選手がプロの選手を負かすことが起こりうるのです。馬はこれらの強要を受け入れるべきではないのですが、残念ながら彼らには受け入れることが出来ます。

ポジティブな事はより多くの人々がこのスポーツを楽しみたいと思う様になったことでしょう。しかし、40歳で初めて馬にまたがった人が大金を積んで馬を買い競技会で勝つというのではスポーツとしての意義がどこにあるのでしょうか?
その中で少しでも習いたいと思うのは良い事ですが、本当に、真に学びたがっているのでしょうか? 大半のケースはNOです。
私自身がこのスポーツを楽しんできたものとは全く違ったものになってきてしまっているのです。

世界中どこへでも呼ばれれば私の知識を教えに行きます。馬を救うために!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


こういう事を皆声を上げて言いません。得にならないからです。
”早く勝てるコツ” をお金で買おうとしている顧客が遠ざかってしまいます。

ここでは競技スポーツを焦点に話をしているのですが、単に乗馬を楽しみたいと思っている大勢の人にも程度は違いますが当てはまると思います。

11月末に上げた記事 ”週末だけクラブの馬に乗って上達する方法” のなかで、

”下手くそは馬にとっては罪”

という事を書きました。

馬の上にまたがろうと思った瞬間から我々は動物である馬を使う限り、出来る限りきちっとした学習、訓練をして上達するべきです。

初めて乗って上手く出来ないのは当然です。しかし、何年も乗っているのに上達しない、勉強もしない、努力もしない、では馬に迷惑だという事です。

また、インタビューの中でも言っているように、
本当に、真に学習しようとしていますか?。

よく、 ”コツを教えてください” ”要領は?” といった事は聞きますが、”馬の体の構造は?” などとは聞きません。

コツとか要領は自身の中で感覚的に生み出すものです。人から教わる場合はその人の感覚、ニュアンスによるものです。
もっと普遍的な根本的に学習することが有るのですが、そこは面倒がってやらないのが一般的。

でも、急がば回れ。根幹、真理的な事に目を付けなければ実力に結び付きません。

これがアルバート・ボーンのいう、乗馬、馬術の楽しみ方ではないでしょうか?


EY Equestrianオンラインスタディ&コーチング
 https://erinayamabe.wixsite.com/mysite-1






2019年1月3日木曜日

謹賀新年!前向きな2019年に。エドワード・ガル クリニック

明けましておめでとうございます!

本年もEY Equestrianを何卒宜しくお願い申し上げます。

オンラインスタディ&コーチングでは年末年始特集のコンテンツを4回にわたってあげてきました。

その内容は、「エドワード・ガル クリニック1~4」

これまでに上げてきたすべてのコンテンツ、活字での解説を実際どのように活用、応用し、馬の上ではどの様に感じたり対応していくのか?といった事がビデオと日本語の解説でグッと凝縮されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その1では
 4,5才馬 公開レッスンの模様

<関連コンテンツとして>
 ・ベーシックトレーニング1~3
 ・特集:Half Halt 1,2
 ・セルフキャレッジ
 ・トレーニングスケール

その2では 
 7才馬 公開レッスンの模様

<関連コンテンツとして>
 ・ベーシックトレーニング1~3
 ・特集:Half Halt 1,2
 ・セルフキャレッジ
 ・トレーニングスケール
 ・ハーフパス
 ・踏歩変換

その3では
 10才馬 公開レッスンの模様

<関連コンテンツとして>
 ・ベーシックトレーニング1~3 
 ・特集:Half Halt 1,2
 ・セルフキャレッジ
 ・トレーニングスケール
 ・肩内(Shoulder - in )
 ・腰内(Travers)
 ・ハーフパス
 ・踏歩変換
 ・ピルエット

その4では
 エドワード・ガル自身の騎乗と解説

<関連コンテンツとして>
 ・ベーシックトレーニング1~3
 ・特集:Half Halt 1,2
 ・セルフキャレッジ
 ・トレーニングスケール
 ・肩内(Shoulder - in )
 ・腰内(Travers)
 ・ハーフパス
 ・踏歩変換
 ・ピルエット
 ・ドレッサージの真の意味と目的
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

馬術の意味、意義、根幹といったものに目を向けさせてくれる内容です!


このシリーズ掲載終了後にメンバーさんの中からメッセージを頂きました。

まだ初級の方です。

 ”様々な知識を得ていくことが出来、以前よりも有意義に馬に乗る事が出来ています。このオンラインスタディ&コーチングに出会えて良かったです!”

大変うれしいメッセージです!!


これらのセオリーは、確かにある程度以上のレベルでなければ理解しずらい点もあります。ですが、たとえ初心者、初級者であれ、”自分が一体これからどこへ向かうべきなのか?” といった事に気づかせてくれるはずです。
”目の付け所” 考え方をどう持つべきか といった根本のところがずれないようにしてくれるでしょう。
ですので、メンバーさんの中には、

”初心者の内に知っておいた方が良い内容” 

と仰る方もいます。

実際はやはり練習量や慣れ、経験を積まなければいけません。

しかし、これらの知識なしで練習するのと知識をもって練習するのでは、そもそもの所が違ってきます。

体も結局は ”脳によって動かされる” はずです。

どの様なスポーツであれセオリーは存在します。
ただ乗馬、馬術のセオリーは 乗り手だけの話ではありません。

馬と乗り手は”鶏と卵”の様な関係。
馬が出来れば乗り手も出来るようになり、また乗り手が出来れば馬も出来るように導けるわけです。どちらが先かはケースバイケースで違ってきますが、絶対に一方通行ではありません。


2019年、是非皆様レベルを問わず、的を得た本来あるべき乗馬、馬術のとらえ方を得ることで前進してもらいたい思います。
オンラインスタディ&コーチングはその一助に必ずなると確信しています。

皆様にとって素晴らしい一年になりますように!!


EY Equestrian 
https://erinayamabe.wixsite.com/mysite

EY Equestriaオンラインスタディ&コーチング
https://erinayamabe.wixsite.com/mysite-1



 


2018年12月28日金曜日

年の瀬 ご挨拶

今年も残すところあとわずかになりました。

皆様の2018年はどのような年だったでしょうか?

私にとっては日本の乗馬、馬術愛好家の方々との新たなご縁が出来た年となりました。

この新しいご縁に感謝しています。

たった一月ほど前に立ち上げた EY Equestriaオンラインスタディ&コーチング は、長年の海外での経験や知識を日本の乗馬、馬術愛好家の皆様にお役立ていただこうという趣旨でスタートしました。
この様なオンラインでの乗馬、馬術学習はアメリカを中心として、海外では活発に活用されています。様々な馬術雑誌やアーティクルは今ではオンライン購読の時代ですね。

日本の外から日本を見ると、そこには”日本国の世界” という、なぜか別世界があるような印象を受けます。
世界各国の人々の国際交流が活発になる中、この枠を超えなければ日本はいつまでたっても馬術後進国、、。そんな気がします。

出来るだけ多くの乗馬、馬術愛好家の皆様とインターネット上ではありますが、様々な情報発信やアドバイス、意見交換などを通じてお互いに切磋琢磨出来ることを目指していきたいと思っています。

すでにご参加して頂いた方は現在約20名様です。
本当にありがとうございました!!

この20名様にはEY Equestrianとの交流、つまりヨーロッパへのルートが一つできたことになります。”ヨーロッパへレッスンや見学に行ってみたい”といった事が現実的に可能になったわけです。是非お気軽にご利用ください!!

2019年はより活発な、前向きな取り組みが可能になっていくことを考えていきたいと思います。

来る2019年も何卒よろしくお願い申し上げます。

皆様良いお年を!


EY Equestrian
https://erinayamabe.wixsite.com/mysite

EY Equestriaオンラインスタディ&コーチング
https://erinayamabe.wixsite.com/mysite-1


2018年12月24日月曜日

クリスマスオファー!

EY Equestriaオンラインスタディ&コーチングからクリスマスオファーのご案内です。



本日12月24日と明日25日限定で ”一ヶ月お試しプラン” を40%off 。


It's Christmas. Why Not!!!

EY Equestriaオンラインスタディ&コーチング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コンテンツ
 <乗り手のトレーニング>
   ・ポジションとシートの訓練
   ・移行運動と半減脚
   ・手綱の握り方と拳の使い方
   ・ツーポイントシート
   ・乗馬の為のトップ10フィットネス

 <馬のトレーニング>
   ・ベーシックトレーニング1~3
   ・ラテラルワーク
   ・レッグイールディング
   ・肩内運動
   ・口向き
   ・腰内運動
   ・道具選びと使い方
   ・新馬調教
   ・レッグイールディングと肩内運動の比較
   ・踏歩変換
   ・ハーフパス
   ・セルフキャリッジ
   ・トレーニングスケール
   ・ピルエット
   ・ドレッサージの真の意味と目的

<その他カテゴリー>
   ・馬の選び方
   ・ジャンピングの踏切
 
*12月24日時点22コンテンツ掲載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンテンツの閲覧と専用FBグループでのワイワイがやがや!
有意義なディスカッションをして頂いています!!


ご参加お待ちしています!!。